笑顔あふれる渋谷の街づくり



子育て・教育

〇喫緊の課題である『待機児童ゼロ』。公設の認可保育園の増設だけでは時間が掛かり過ぎます。既存の民間施設にも保育施設の場所を確保するなど、あらゆる手法を用いて一日も早い実現を目指します。

〇妊娠期から18歳まで切れ目のない子育て支援・健康相談・専門相談のための一体施設(ネウボラ)を設置します。私が教育長・保育園長・学校長と共にフィンランドのネウボラを視察してから約10年、いよいよ渋谷区でもスタートです。(ネウボ=相談、ラ=場所)

〇区立小中学校におけるICT教育や海外派遣研修をさらに推進します。